時代 M - Nippon 1910年(明治43年)頃
サイズ 蓋迄の高さ14cm 本体のみの高さ10.5cm 最大幅14cmプラスハンドル 口径11.3cm 底直径9.3cm 
商品説明 雄鹿の勇壮な角と首から上のポートレート,3つのハンドルや蓋の部分迄繊細な盛上げが施されたHumidorと呼ばれる葉巻き『たばこ』貯蔵室で、葉巻に湿気を加える為の湿綿をつめる凹が蓋の裏に設けてある。まわりの木の白い部分は雪のようです。上品な色使いと繊細な盛上げ、コンディションと質の高い逸品です。
コンディション      盛上げ剥離等も無くとても良いコンディションで目立つ傷やスレは有りません。
アンティークということを、ご了承の上、製作時の特徴など(凹凸、色とび、気泡等...)を考慮に入れてお考えください、出来るだけ目立つ欠点は画像や説明を記載致します。画像にて白く写っているところは、フラッシュにより生じたもので、欠け、割れ、ヒビ等ではありません
BOWL INDEXへ