時代 裏印:u.s. patent NBR 912171 1909 FEB 9 特許 第16137号 JAPAN
サイズ 高さ約12cm 胴回り約45cm 高さはありませんが胴回りがありますので大きく感じます
商品説明 明治〜大正頃に海外へ輸出されたオールドノリタケと同時期品で海外ではNIPPONと呼ばれている品です。輸出期間が短く アメリカからの里帰りの品でこれからも大事に伝えたい作品です。 こちらのお品は特殊な技法でガラスビーズの装飾が施されたオールドノリタケと同時代のコラーレン手付きのディシュです。 細かいガラスのビーズでアールヌーボー調の絵が描かれて居り光の当たる角度で神秘的な光を放って居ります。作られた期間も短期間でコレクーターも多く幻のコラーレンと人気の高い品です。
コンディション        口元とハンドルトップに金彩のスレが見られますが、コラレン部分に剥離は見られません
アンティークということを、ご了承の上、製作時の特徴など(凹凸、色とび、気泡等...)を考慮に入れてお考えください、出来るだけ目立つ欠点は画像や説明を記載致します。画像にて白く写っているところは、フラッシュにより生じたもので、欠け、割れ、ヒビ等ではありません
同時期日本製INDEXへ