時代 専売特許出願中 第38257 1909年頃より数年間のみ製作、明治後期より大正初め頃
サイズ むかって右の低い方10cm、高い方約12cm 長さ12.5cm
商品説明 お花の名前は判りませんが曲線が創りだすカーブが魅力の4足のコラレンです。ガラスのビーズでヌーボー調のデザインが光の当たる角度で神秘的な光を放っています。
コンディション      口元の金彩の薄れは見られますがコラレンビーズの剥離は有りません、足元が少し前後に安定が有りませんどちらかの足が長いのか短いのか、気になる方はフエルト等にて調節をして下さい,勿論倒れる事は有りません。時代の汚れと筋状の線は傷では有りません。
同時期INDEXへ
アンティークということを、ご了承の上、製作時の特徴など(凹凸、色とび、気泡等...)を考慮に入れてお考えください、出来るだけ目立つ欠点は画像や説明を記載致します。画像にて白く写っているところは、フラッシュにより生じたもので、欠け、割れ、ヒビ等ではありません。